ブランドコンセプト

マンションの上をゆくデュープ。

誰もが豊かな都心生活を手にできる社会に。
理想の住まいの在り方に挑み続けた東新住建のひとつの答えがここにあります。
既存のカテゴリーでは分類できない全く新しい住宅『デュープ』
効率性を重視した多世帯を集約するマンションにはない、贅沢な1・2階専有のメゾネット構造を採用。
さらに専用玄関や専用庭が、ひとつ上の豊かさを演出します。
主要駅徒歩圏内の立地による優れた利便性と同時に戸建住宅並みのゆとりと快適性を。
当たり前にほしいものを、当たり前に。
日本の都市型マンションの新基準です。

通勤時間を家族時間に。

誰にも平等に与えられている資産。それが「時間」です。きびしい制約の中で常に結果を求められるビジネスアスリートにとって、時間は無二の価値を持っています。仮に往復の通勤時間を30分間短縮することができれば、年間にして丸5日分の時間を手にすることができます。通勤時間を、より価値のある自分だけの時間へ。デュープでの都心生活は、ライフスタイルに一層の磨きをかけることができる、賢い選択肢のひとつです。

マンションの利便性+戸建てのゆとり。

都心部に暮らす場合、敷地の広さや空間のゆとりを断念したり、間取りの個性や建物のクオリティで妥協せざるを得ないケースも。しかしデュープは、高級マンションの一部のプランなどで採用されている、1・2階専有のメゾネット構造をすべての住戸に採用。限られた敷地面積を有効活用し、さらには専用玄関や専用庭など、マンションでありながら戸建て特有のゆとりを味わえる要素を凝縮しています。
合理的思想が生んだアイデア。ロンドン発祥の2戸連棟住宅合理的思想が生んだアイデア。ロンドン発祥の2戸連棟住宅
ロンドンの高級住宅地・チェルシー地区には、2戸連棟型の住まいが数多く見られます。一つの建物をちょうど中央から左右対称に区分したこの建築様式は、イギリスでは「セミ・デタッチドハウス※」と名付けられ、地価の高い都心部を中心に普及。便利で快適な都市の生活環境を、通常の一戸建てよりもリーズナブルに享受できます。この建築様式はアメリカにも伝わり、 DUPLEX(デュープレックス)と名付けられ今なお人気を博しており、海外では一般的に広く建てられています。
セミ・デタッチドハウスとは? { Semi-Detached House }
ひとつの建物を2戸に活用するセミ・デタッチドハウスは、日本では「二軒長屋」と呼ばれ、江戸時代に広く普及しました。一棟の建物を中央で割った形となるため、それぞれの家に専用玄関と庭がつく点も特色です。

デュープの特長

MERIT 1

都市部で暮らす

利便性の高いエリアは、地価が高く供給量も限られます。そのため駅前にはマンションが多く、一戸建て建設は難しいのが現状でした。しかしデュープは、駅前立地でありながら一戸建て水準のゆとりを実現。マンションとは異なり、土地もオーナー様の大切な資産となってくれます。

MERIT 2

上下階のメゾネットタイプ。開放感あふれる室内空間。

上下階で空間を専有するメゾネット構造は、住人同士の振動や騒音トラブル等から解放します。また1階は来客時に対応できるオープンな空間に、2階は家族だけのプライベートな空間に限定するなどの使い分けが可能。快適な暮らしを実現する効率的な設計です。

MERIT 3

「全戸角住戸」の新発想。

一般的なマンションでは上下左右を囲まれた「中住戸」が多く、開放感のある角部屋は、価値の高い人気プランとして扱われます。しかし1棟2戸のデュープではすべてが角住戸。どの住まいも十分な通風や採光を得ることができます。また住人数が限られるため、プライバシー性が高い点も特色です。

MERIT 4

音の問題をクリア。

遮音性の高い二重壁構造を採用している点も、デュープの特色です。各境界壁には吸音性に優れた高性能グラスウールを入れ、さらに壁間に空気層を設けることで、気になる音の侵入をカットしています。
さらに、1・2階を専有のメゾネット構造ですので、上下階に他人が住まうことはなく、騒音のトラブルから解放してくれます。

MERIT 5

維持管理費の強み。

一般的な分譲マンションでは、住宅購入費以外にも管理費や修繕積立費などの支出が毎月発生します。しかしデュープは、過剰な共有部分をカットしたシンプルな構造を採用しているため、購入費や税金以外の固定費は不要です。マンションと比べて毎月の出費を格段に抑えられるため、無駄のない充実したライフプランが立てられます。

MERIT 6

資産としての価値。

マンションでは土地は共有扱いとなるのに対し、デュープでは土地・建物ともに個人資産です。また共益費や修繕積立金などの支出は一切必要ありません。

MERIT 7

木造へのこだわり。

木の家に入ると、リラックスする、温かみを感じるなど、人は心地よさを感じます。無機質なコンクリートにはない良さがある木の家は、湿度調整、吸音遮音性、断熱性など、様々な効用を住む人に与えます。

実績

800戸を超える建築実績。

東新住建は、1976年創業の総合住宅メーカー。自然素材である木にこだわりながら、分譲戸建、注文住宅、マンション、街づくりなどを通じて、人と環境に優しい住環境づくりに貢献。さらに地震や災害に強い家づくりのため、木造の強みを活かした2×4工法や当社独自の地盤改良工法を開発し、健やかで安全な暮らしを支えています。累計22,000棟以上の建築実績から得られたノウハウを凝縮し、誕生したのがこのデュープです。豊かな都心生活を、より多くの人に届けたい。その想いを技術と発想の力でカタチにした、新しいマンションのスタイルです。

Q&A

デュープって何?
一言で表すと「駅近戸建てマンション」です。デュープは、全戸角住戸・管理費・修繕積立金0円の新しい住まいです。

隣同士の音の問題は?
遮音性の高い二重壁構造を採用している点も、デュープの特色です。各境界壁には吸音性に優れた高性能グラスウールを入れ、さらに壁間に空気層を設けることで、気になる音の侵入をカットしています。

耐震・耐火性については?
耐震性で定評のある2×4工法を採用。これは阪神淡路大震災の際にも「約96.8%が補修なしに居住可能」という強さを立証した工法です。さらに数千回の耐久試験をクリアした自社開発パネルが強さと安心を保証しています。

なぜ価格が抑えられるのか?
共有部分をカットしたシンプルな設計により、大幅なコストダウンを実現しています。またメゾネット建築の先駆者として20年以上の実績を持ち、技術と施工性向上に務めてきた点も、コスト低減の大きな要因となっています。

共有空間のわずらわしさは?
マンションでは共有空間が多く、ペットの問題、修繕積立金の不足、管理費滞納者の発生や自治会運営など、様々な問題が発生します。一戸建て同様の住まい方ができるデュープでは、こうした煩わしさからすべて解放されます。

物件情報

駅から徒歩圏内の立地にしか建てない駅近戸建てマンション。「シンプル」をコンセプトに設計されたミニマルライフを実現する新しい住まいです。
物件情報はこちら
名古屋市内の駅近立地でデザイン・設備・空間ともに今までに出会ったことない感動を生みだすワンランク上のプレミアムマンション。
物件情報はこちら

ギャラリー・見学会

ギャラリーにてご案内しています。
お気軽にお越しください。
北名古屋市沖村天花寺80
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】水曜日
稲沢市高御堂一丁目3番18号
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】水曜日
春日井市柏井町3丁目109
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】水曜日

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話から
お問い合わせフォームから個人情報保護方針
お名前(漢字)
お名前(フリガナ)
セイ
メイ
ご年齢
性別
男性 女性
お電話番号
郵便番号
 
ご住所
メールアドレス
ご職業
ご希望物件名
お問い合わせ内容
詳しい話が聞きたい 資料が欲しい
その他ご要望等
は必須項目です。
 

[企画・設計・施工]
東新住建
〒492-8628
愛知県稲沢市高御堂1-3-18
宅地建物取引業免許:国土交通大臣(2)第7873号
建設業許可:愛知県知事許可(特-29)第61271号
(社)愛知県宅地建物取引業協会会員