HOME>DEVELOPMENT STORY

DEVELOPMENT STORY
開発ストーリー


快適な都市生活を
すべての人に適正な価格で

デュープレジデンスは住まいの常識を変えていきます。

発表と同時に大きな反響
従来にはなかった住宅の新基準

東新住建の商品開発は、いつも住む人の声を基盤にしています。デュープレジデンスは、住宅業界が「仕方がない」と切り捨ててきた声を、丹念にすくい上げることから始まりました。たとえば――駅の近くに住みたいけれど予算的に難しい。マンションは管理・修繕費が馬鹿にならない。ほしくもない共用部分のコストまで負担するのは納得できない……等々。
私たちは住宅の専門家として正面からこの課題に向き合いました。長年手がけてきた1棟2戸式住宅のノウハウを活かし、都市型マンションの新基準へと進化させたのです。新たに生まれ変わったデュープレジデンスは、発表と同時に驚くほどの反響をいただいています。

DINKs、シングル、リタイアドなど
新時代のライフスタイルに対応

さらに驚かされたのはきわめて多彩なお客さま層です。当初は私たちも、時代背景からみて3人ほどのファミリーを中心に考えていました。しかしフタを開けてみると問合せの約半数は、共働き夫婦や一人暮らし、定年退職後のご夫婦、転勤族など、過去の枠組みに当てはまらない方々からでした。便利かつ高品質なのにコンパクトでお手頃、そんなデュープレジデンスの特色は、新しく多様なライフスタイルにもぴったり当てはまったわけです。すべてのお客さまに都市生活をご提供したいという思いで、日々プロジェクトを改善し続けています。
いま私たちは、提供エリアの全国拡大と新サービスについても検討を始めています。関東圏からもリクエストをいただいていますし、この住宅を核とすれば、時代に合わせたカーシェアリングやITを活用したエアクローゼット、多彩なIoTサービスとの連携など、先進のライフスタイル提案も可能になるでしょう。デュープレジデンスは、新常識をつくる第三の住空間です。その進化にどうぞご期待ください。
Yuya Kawakami
川上 祐也
DUPプロジェクト企画室

デュープレジデンスは、新たな地域コミュニティを創ります。

3つの条件をクリアする
隠れた優良地に狙いを定めて

「なぜこんな価格設定ができるのか」とよくご質問をいただきます。確かにデュープレジデンスは基礎も構造も強固で、設備仕様にも一切妥協していませんから、不思議に思われるのも無理はありません。しかし実はその最大理由は、土地そのものにあります。デュープレジデンスを建てる場所は「駅に近い、環境がいい、価格が手頃」この3点が必須条件です。そんな都合のいい土地はないと思われるでしょうが、たとえばメイン道路から少し内側に入った土地は、住環境としては静かで住み心地がよくても、なかなか買い手がつきません。公道から1本入っただけで売りたくても売れない――そんな隠れた優良地を発見するのが、土地のプロである私たちの役目。住まう方には買いやすい価格設定を、地主さんには満足のいく土地売買を実現して、双方から喜んでいただいています。

地域の魅力をよみがえらせ
新たなコミュニティづくりに貢献

隠れた優良地をよみがえらせる私たちの仕事は、実は地域の活性化にも役立っています。
たとえばいま全国的な問題になっている、空き地や空き家の急増。長年放置された建物や土地は荒れやすく防犯上もよくありませんし、せっかく駅に近く良い場所なのに、放置された土地が一か所あるだけで街並みの雰囲気が変わってしまうことすらあり得ます。そんな土地を整備し、本来の価値を引き出すのが私たちの役目。空き家や空き地がなくなれば、街の印象は明るくなり安全性も向上します。
またデュープレジデンスを選ぶお客さまは、ご自身のライフスタイルを持ち日々の生活を大切になさいますから、そのエネルギーは街の空気を自然に活気づけていきます。デュープレジデンスは地域のコミュニティづくりに貢献し、新しい地域創生をもたらす力にもなる存在。これは私たちの大きな誇りです。
Hiroki Koide
小出 弘紀
ランドプランナー

デュープレジデンスは、自由に変化する生活空間です。

暮らしながら変えられる
ライフスタイルに寄り添う家を

完成した家を改装するには大きなコストと労力がかかります。しかし本当の住み心地は暮らしてみなければわかりません。そこでデュープレジデンスでは、フレキシブルに間取りを変えられる新しい設計方法を取り入れました。外側の強靭な構造で暮らしを守り、内側の間仕切りを自由に設定・変更できるようにした点は大きな特色です。家族構成の変化に応じて個室を増やす、逆に仕切りを取り払うといった変更も、この住まいなら負担にならない程度の予算で実現することができます。
家に暮らしを合わせるのではなく、暮らしに応じて変化させられる家をつくりたい。この目標を掲げ、私たちは長年にわたり間取り自由な家を追究し続けてきました。その経験値がデュープレジデンスにも十二分に生かされています。

現代の都市生活にフィットした
これまでにない環境をつくる

「通常の間取りは広すぎて持て余すけれど、この家はコンパクトでちょうどいい」そんな声が多いのもデュープレジデンスの特色です。私たちは4LDK、5LDKといった枠組みをあえて捨て、現代の都市生活にジャストフィットした空間をゼロから追求しました。この独自アプローチから、無駄なく可変性の高い画期的な空間が生まれたわけです。
都市生活に欠かせないのはプライバシー。デュープレジデンスは1棟2戸の住宅ですが、構造上は、2軒の戸建てを限りなく接近させた状態と考えていただく方が正確です。間を仕切る界壁にも十分な厚さがあり、隣家との騒音問題はまず発生しません。お客様の中には分譲マンションを購入したものの上階の音問題に耐えられず、デュープレジデンスへ住み替えた方もいらっしゃいます。
私たちがめざすのは、住み始めてから満足感がいっそう高まる住まいです。しかし単なるアイデアやセンスだけでは、本当にご満足いただける住まいはつくれません。日々検討し、提案を重ねて住環境の付加価値づくりにそそぐ。そんな設計姿勢の裏側には、東新住建が積み重ねてきた22,000棟以上のノウハウが集約されています。
Tomoaki Sakoda
迫田 知明
チーフデザインディレクター

お客様に、新ライフスタイルをご提案しています。

暮らす楽しさを演出する
ホームステージング

デュープレジデンスは、コンパクトで未来を見据えた住まいです。でも、ガランとした新築状態で、リアルな暮らしをイメージするのは難しいもの。そこで私たちは、現地物件に家具やインテリア雑貨を配置し、多彩なライフスタイルをご提案しています。ただオシャレにコーディネートするだけでなく、お客様の年齢層や入居人数、趣味などを想定して演出する、今注目されているホームステージングというお仕事です。
これまで、ハウスメーカーのモデルルームは、豪華すぎて真似できない場合がほとんどでした。しかしデュープレジデンスでは、あらかじめ予算を決めリアルなコーディネートを心がけています。私が目安としているのは、照明やカーテンを含めて30万円以内。そのまま使えるインテリアをめざしていますが、予算以上に魅力的に仕上げられるよう、頭と身体を使って探し回っています。中には、このインテリアに一目惚れしてくださって「このまま住みたい」とおっしゃる方もいらっしゃいます。また、コンパクトなお部屋を広く見せるコーディネート術や、収納の仕方をお客様にお伝えして喜んでいただけることも多いです。

トレンド先取りのインテリアが
マスコミでも取り上げられました

ナチュラルなDIYテイストを全面に打ち出したり、海外ホテルのラウンジをテーマにしたり……新鮮なスタイルをご提案できるよう、いつもアンテナを張っています。
たとえばグランピング風のインテリアで演出した際は、マスコミにも多く取り上げていただきました。グランピングはアウトドア用語で、贅沢で豪華なキャンプを指す言葉。このテイストを室内に応用すると、 “おうちピクニック”気分を演出できます。実際にグランピングイベントや海外へ情報収集に行き、おかげでTVの「櫻井・有吉THE夜会」や雑誌「ESSE」「mamagirl」などでも取り上げていただきました。
私たちのご提案する新しいインテリアによって、お客様がより良いライフスタイルを考えるキッカケになってほしい。そう願いながら日夜アイデアを練っています。ぜひあなたのご要望もお寄せください。
Saori Yokoi
横井 彩織
ライフスタイルコーディネーター

お客様の、不安や疑問を解消する仕事です。

流暢なセールストークより
まずお声に耳を傾ける

デュープレジデンスをご見学になる際、現地でお迎えするのがアドバイザー。しかし私たちの仕事は、それ以前の情報を足で集める段階から始まっています。物件の細かなチェック、周辺環境の調査、あらかじめ駐車場を見つけておいたり、入居者様の声をヒアリングしたり、さらには新たな土地探索まで……これらさまざまな業務を通じてお役に立つ知識を蓄え、お客様のご来場に備えているわけです。
どんなご質問にもお応えできる自信があるからこそ、私たちはセールストークに頼りません。型にはまった売り文句を披露するより、気軽に口を開いていただける環境をつくろうと努力しています。ポロシャツ姿でお迎えするのも、出しゃばらない立ち位置も、リラックスした空気をつくるささやかな工夫のひとつです。住心地や強度、耐久性、ローン計画から隣人のことまで、どんどんご質問ください。

現地見学からご契約後まで
さりげなくていねいなフォローを

以前にお会いしたお客様で、とても優しい方がいらっしゃいました。プランは気に入っていただいたのですが、私たちに気を遣ってか、不安や疑問を一切口になさいません。しかしまだ建物が完成する前の状態でしたから、質問がないはずがありません。そこで何度かお願いしたところ、次第に打ち解けた長文メールをいただくようになりました。お客様の不安を解消できたことはもちろんですが、より親しい仲になれたようでとても嬉しく感じました。この方は契約を交わした後も、よく現地に足を運んでくださいました。そんな契約後のフォローも自分たちの役割です。床の状態や傷の有無など、気になることはなんでも話していただいて、ご納得がいく状態で引き渡しができるようにしています。
デュープレジデンスは、自信を持ってご案内している住まいです。この品質をさらに上げていくために、お客様からうかがった声は、デザインディレクター(設計部門)やランドプランナー(用地部門)にフィードバックしています。これも私たちの大切な仕事ですから、良い点悪い点を問わず、お気軽にご意見をお寄せください。
Raiki Onishi
大西 来宜
現地アドバイザー
Yuki Nagasaku
永作 勇揮
現地アドバイザー

お客様と、理想の住まいをつなぐ最初の窓口です。

お客様のお問い合わせには、
24時間以内のご返答を基本に

いまご覧の画面上にも、【ご来場予約・お問い合わせ】バナーが表示されていることと思います。私たちの職場はその向こう側。ご質問やご要望にお応えして、お客様が理想の住まいと出会えるよう、おつなぎしていくのが役割です。
デュープレジデンスはこれまでにない住まいですから、日々さまざまな声が寄せられます。こんなことを聞いてもいいだろうかと、遠慮なさる方もいらっしゃいますが、私たちにとってはお客様の声がやりがいの源です。どんな内容も嬉しく頂戴しておりますので、どうぞお気兼ねなくお問い合わせください。
ご来場予約も、物件へのご質問も、定休日を除いて原則24時間以内にお返事するよう心がけています。もし返答が遅れた場合は、サーバー不調などのトラブルも考えられますので、お手数ですが再度お問い合わせいただけませんでしょうか。せっかくのお声を聞き逃してしまうことだけは、絶対に避けたいと思っています。

理想の住まい探しに役立つ
お問い合わせページ

【ご来場予約・お問い合わせ】をフル活用していただけば、理想の住まい探しもスムーズになります。たとえばご来場予約の際、ページの一番下にある【その他ご要望等】の欄に「こんな事柄について詳しく聞きたい」「じっくり見たいので話しかけないで」などと書いてくだされば、私たちが責任をもって現地アドバイザーに伝えます。「自分から質問するのは気が重い」という方も、どうぞこの機能をご活用ください。
「追加で聞きたいことが出た」「この点をもう一度確認したい」といった場合も、ご遠慮なさらず何度でもご連絡ください。また「もう情報は不要です」とのご連絡も、ありがたく拝領しております。
「とりあえず情報収集中」という方は、DUP会員登録がおすすめです。こちらからお電話することはありませんし、ご希望エリアを用地担当に伝えて、リクエストにぴったりの物件をつくるお手伝いもしています。メールでのやりとりは、お顔が見えません。だからこそ、直接お会いするとき以上の気配りをもって、お一人ずつ丁寧にお応えして参ります。
Momoko Hakamata
袴田 桃子
カスタマーサポート
Copyright 2017 TOSHIN JYUKEN. All rights reserved.