HOME>VOICE>CASE 04

VOICE
お客様の声

CASE
04
必要なものだけを厳選してシンプルに暮らす。「ミニマルライフ」にぴったりです。

名古屋市 O様

ご家族構成:2人暮らし(ご夫婦)
2018年6月ご入居
  • 本当に必要なものを探して

    [ご主人]私たちは幼稚園からの幼馴染です。私も妻も名古屋市の千種区育ちで、実家はマンション。似たような環境だったせいか、価値観もよく似ています。
    [奥さま]2人とも必要だと思うものしか持ちたくないし、やりたくないマイペース派(笑)。結婚した時も、式や披露宴は省いてすぐに家を探し始めました。1LDKの賃貸住まいでしたが、2年後に来る契約更新時までに家を買おうと計画していたんです。
    [ご主人]私たちも最初は「価格が3000万円前後で、4LDKあって、駐車場付きで……」など一般的な条件を並べていました。でも私はバイク通勤で妻は地下鉄。クルマはほぼ使いません。カーシェアリングにも登録していましたが、現実には利用していません。それでやっと駐車場は不要だ!と気付いたわけです。
    [奥さま]間取りもなんとなく4LDKをイメージしていましたが、いろんな家を見るうち「あれ、子どもが3人になる予定はないよね。じゃあ4部屋もいらない」となりました。また一般的なマンションは最初から除外。親の姿を見て「管理費や修繕費がもったいない!」と感じていたからです。さまざまな物件を見ながら候補を絞り込んで、最終的に重視した条件は、便利で快適な立地環境と日当たり・風通しのよさでした。
    [ご主人]実を言うとこの家は最初に見つけた物件です。立地も広さも価格も手頃で、とても気に入ったのですが、まだ自分たちのイメージが固まっていなかったこともあって決断しきれず、ずっと住宅検索サイトの“お気に入りフォルダ”に入れてありました。青い鳥の話じゃないけれど、巡り巡ってもとに戻ってきたわけですね。
  • 周辺環境は念入りにチェック

    [奥さま]インテリアもモデルルームで見て気に入りました。シンプルな白基調ですが、グレーの壁紙がさりげないアクセントになっていて、好みにぴったりです。契約時はまだ完成前だったので、工事中も何度か見学に。散歩がてらぶらりと見に来たり、夫は仕事が外回りなので移動中に立ち寄って動画をとって見せてくれたり。チェックしたのは、まわりの雰囲気や道路の幅など主に周辺環境です。駐車場や余分な部屋にお金を使うのをやめて、立地重視で選んだわけですが正解でした。
    [ご主人]前の道がちょっと狭いけれど、住んでいる人しか通りませんから静かですよ。実家と楽に行き来できるのもメリットです。ただ木造なので、隣家の音が響くかなと心配していましたが、実際に住んでみるとほとんど気になりませんね。防音壁だけでなく、ちょうど境目にクーロゼット等が来るよう設計されていて、音が伝わりにくい配慮が。これなら子どもが生まれても安心です。
  • 「ああ早く家に帰りたい!」

    [ご主人]入居して半年以上たちますが、リビングにもあまり家具がありません。実は、ダイニングテーブルと椅子も、賃貸時代に契約したレンタル品。2人ともなるべく物を持たないライフスタイルですし、本当に気に入る家具を置きたいので、レンタル期限が切れてからゆっくり探すつもりです。
    [奥さま]ベッドもやっと先日買いました。2階の主寝室は眠り心地重視と決めて、シングルベッドを2台。他のスペースは使っていませんが、いずれ子供部屋にする予定なので壁を設けて2つの個室にしてもらいました。そんなふうに自分たちで間取りを決められる点もいいですね。
    [ご主人]ロフトにはかさばる荷物を置いてあります。東新住建さんからもらった予備の壁紙もそこに。白基調のリビングはとても気に入っているのですが、もし傷などが付いて補修したい場合、発注しても品番が代わっていて微妙に色が合わないことがあるんだとか。そんなときに使ってくださいと言われました。嬉しいですね。
    [奥さま]2人とも、賑やかな集まりや飲み会はあまり好きではありません。家でゆっくりくつろぐのが何よりも楽しい時間です。今の悩みは、家が快適すぎて仕事に行きたくないこと。私は機械設計の仕事をしていますが、CADに向かっていても「ああ早く帰りたい」と思ってしまうんですよ。
Copyright 2017 TOSHIN JYUKEN. All rights reserved.